記事一覧

メゾン マルジェラ × リーボックのコラボシューズ“タビ”デザインのインスタポンプ フューリー

メゾン マルジェラ(Maison Margiela)とリーボック(Reebok)のコラボレーションによるウィメンズ・メンズシューズが、2020年10月8日(木)よりメゾン マルジェラ トウキョウなどにて発売される。

「タビ」シューズとインスタポンプ フューリーが融合

今回登場するのは、日本の伝統的な足袋から着想を得たメゾン マルジェラのアイコンシューズ「タビ」と、リーボックを代表するするスニーカー「インスタポンプ フューリー」を融合した、新たなフォルムのフットウェア。

2020年春夏「アーティザナル」Co-edコレクションで初登場し、2020年秋冬「デフィレ」Co-edコレクションでは様々なカラーコンビネーションを披露したものだ。

ヒール&フラットの2タイプ

ラインナップは、ヒールタイプのウィメンズモデル、フラットタイプのメンズモデルの2型。指先が分かれた「タビ」のシルエットを採用したアッパーには、空気を入れてフィット感を調整できるリーボックのポンプ構造を搭載した。

ミッドソールにリーボックのソールシステム・ヘクサライトを内蔵し、クッション性と衝撃吸収性を確保。ヒールタイプのウィメンズモデルは、ミッドソールにカーボン素材を使用し、9cmあるヒール部分をサポートしている。

また、アッパー背面にメゾン マルジェラの白いステッチを、かかとにリーボックのベクターロゴを配し、コラボレーションならではのデザインに。

カラーは、それぞれ4色展開。「インスタポンプ フューリー」オリジナル配色のレッド/イエロー/ブラック、ロイヤル/ブラック/レッドに加え、オールホワイトとオールブラックをラインナップする。

なお、今回のコラボレーションを皮切りに、数シーズンにわたって展開されることがアナウンスされているので、次回以降のコラボレーションにも期待したい。